主食を少な目にして、青魚の缶詰を

No Comments

食生活でアンチエイジングケアしています。

50才を過ぎた頃から、LDLコレステロールや中性脂肪、血糖値が気になってきました。

それで、ご飯、パン、麺などの主食はそれまでの半分にしました。

また、食事で始めに食べるのは、なるべく野菜にしています。こうすると血糖値の急激な上昇を防げると聞いたので。

それから、DHA、EPAやカルシウムをたっぷり摂るために、サバ、イワシ、サンマなどの青魚の缶詰をいただくようになりました。缶詰は、下ごしらえがいらないし、保存もきいて便利なんです。

食後の急激な血糖値の上昇を抑制することや、良質の脂肪酸、カルシウムの摂取は、血管の老化にブレーキをかけるものです。こうして生活習慣病対策をすることが、アンチエイジングケアになると考えて実践しています。

そのほかに気を付けていることは植物プラセンタのサプリを飲むことです。プラセンタは良質なアミノ酸をたくさん含んでいるのでおすすめですが、特に植物性のほうが安全のようなので飲んでいます。⇒植物プラセンタ

一方、基礎化粧品について一番に考えるのは、敏感肌と乾燥のケアです。アンチエイジングケアのための特別な成分が入っているかどうかは気にしていません。アンチエイジングケアに有効な成分が、自分の肌にトラブルを起こさない保障がないからです。

Categories: 未分類 Tags: タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA